アンバサダー企画_t10_4

アラスカ マーカス・ベーカー峰遠征篇 vol.10【アンバサダー 村山 孝一】

2013年5〜6月、北米大陸最高峰デナリ峰遠征に向けて日本を出国。しかし現地に到着してみると、なんと入山できないことが判明…。これも何かの運命と気持ちを切り替え、6,000m峰登山に対応できる装備もあるので、より冒険度の高いマーカス・ベーカー峰(4,016m)に挑戦することに。

cover

amb_02_img_00_profile
村山孝一(むらやま・こういち)
キャリア20年の元プラネタリウム解説員。海外遠征中は登攀だけでなく、高所での星空観望や天体撮影にも取り組む。都内の社会教育複合施設の分館長に就任、教育や学術及び文化に関する各種事業を担当。
アンバサダー 村山 孝一の記事はこちら

北米大陸 チュガチ山群・マーカス・ベーカー峰(4,016m)遠征 vol.10

2013年5〜6月、北米大陸最高峰デナリ峰遠征に向けて日本を出国。しかし現地に到着してみると、なんと入山できないことが判明…。これも何かの運命と気持ちを切り替え、6,000m峰登山に対応できる装備もあるので、より冒険度の高いマーカス・ベーカー峰(4,016m)に挑戦することに。

アンバサダー企画_t10_1
パイロット含めて定員2名の小型セスナ機で、BCから順番に離れます。30分程の飛行で、未舗装の質素な飛行場に到着です。

アンバサダー企画_t10_2
美しい氷河の世界から、気持ちいい草木の世界に戻りました。

アンバサダー企画_t10_3
写真1枚と数枚の資料だけで挑戦したマーカス・ベーカー峰登山終了です。

アンバサダー企画_t10_4
帰国予定日まで日数がたくさんあります。アラスカ州全土の大きな地図を広げて、明日から何して遊ぶかみんなで考えます。隊長はアラスカに精通しているため、レンタカーに野営道具一式を積んで、アラスカ中を旅してみることに。

アンバサダー企画_t10_5
初日の移動距離800㎞。初めてのアラスカなので、見るもの、聞くもの全てが新鮮。毎日楽しいことばかりです。

amb_02_img_01
amb_02_img_02

昼食の時間になれば、見晴らしのいい所に車を停めて、道路の脇で昼食を作ります。

amb_02_img_01
amb_02_img_02

夕方になれば、気持ちが良さそうなキャンプ場を探して泊まります。

amb_02_img_01
amb_02_img_02

何日もこのような旅生活が続くと、日本でのキャンプの考え方に大きな違いに気がつきます。

amb_02_img_01
amb_02_img_02

ドライブが目的ではありません、素敵な山を見つければ、地図がなくても登山道らしきものを探して登ってみます。

amb_02_img_01
amb_02_img_02

熊の新しい足跡を見つければ、すぐに戻ります。

amb_02_img_01
amb_02_img_02

アンバサダー企画_t10_24
川でサーモンが釣れると聞けば、竿をレンタルして釣りに挑戦です。

amb_02_img_01
amb_02_img_02

アラスカでは、釣りまでも豪快です。海釣りで使うようなタックルに、大雑把な仕掛け。初心者が仕掛けを適当に川へ放り込んでも、海から遡上してきた美味しいレッド・サーモン(紅サケ)が12匹も釣れました。隊長の親しい友人にも会いながらの、アラスカ数千㎞ドライブ旅行も終わりです。帰国の準備をしながら、改めてデナリ峰に挑戦する計画、それにマーカス・ベーカー峰にも再挑戦する計画が加わりました。海外遠征は、ひとつの登山が終わると、新しい登山計画がふたつに増えます。登山には終わりがないことに、いつも苦笑いです。