m_02_02

アラスカ マーカス・ベーカー峰遠征篇 vol.2【アンバサダー 村山 孝一】

2013年5〜6月、北米大陸最高峰デナリ峰遠征に向けて日本を出国。しかし現地に到着してみると、なんと入山できないことが判明…。これも何かの運命と気持ちを切り替え、6,000m峰登山に対応できる装備もあるので、より冒険度の高いマーカス・ベーカー峰(4,016m)に挑戦することに。

cover

amb_02_img_00_profile
村山孝一(むらやま・こういち)
キャリア20 年の元プラネタリウム解説員。海外遠征中は登攀だけでなく、高所での星空観望や天体撮影にも取り組む。都内の社会教育複合施設の分館長に就任、教育や学術及び文化に関する各種事業を担当。
アンバサダー 村山 孝一の記事はこちら

北米大陸 チュガチ山群・マーカス・ベーカー峰(4,016m)遠征 vol.2

2013年5〜6月、北米大陸最高峰デナリ峰遠征に向けて日本を出国。しかし現地に到着してみると、なんと入山できないことが判明…。これも何かの運命と気持ちを切り替え、6,000m峰登山に対応できる装備もあるので、より冒険度の高いマーカス・ベーカー峰(4,016m)に挑戦することに。

m_02_01

まずはC1への荷揚げとルート工作。想像以上にヒドンクレバスが多く、非常に危険な雪原歩行となります。BCへ戻る際、人生で初めてクレバスへの滑落を経験…。落ちた瞬間、山スキーで先行する隊長が反射的に体制をうつぶせにしてスキーのエッジで止めていただきました。ザックとスノーシューがクレバスの中で引っかかり、なかなか上に上がれませんでした。

m_02_02

ヒドンクレバスのあまりの多さに、非常に危険な行動であることが判明。ヒドンクレバスの危険が高すぎるため、山スキーを装備した隊員が先行。半日かけて、C1として安全と思われる場所を探し出します。

m_02_03

出来るだけ安全なルートを探し、ワンドを立てながら慎重に移動。食料、共同・個人装備は重いため、ソリで2回に分けて荷揚げを行いました。

m_02_04

ヒドンクレバスへの滑落の際、装備も一緒に落ちる可能性が高く、隊員同士だけでなく全ての装備もザイルを組んで万が一に備えます。

m_02_05

写真1枚を手がかりにルートを探し、安全と思われるC1の設営場所を検討。遠征はまだまだはじまったばかりです。