アンバサダー企画_m06_3

アラスカ マーカス・ベーカー峰遠征篇 vol.6【アンバサダー 村山 孝一】

2013年5〜6月、北米大陸最高峰デナリ峰遠征に向けて日本を出国。しかし現地に到着してみると、なんと入山できないことが判明…。これも何かの運命と気持ちを切り替え、6,000m峰登山に対応できる装備もあるので、より冒険度の高いマーカス・ベーカー峰(4,016m)に挑戦することに。

cover

amb_02_img_00_profile
村山孝一(むらやま・こういち)
キャリア20 年の元プラネタリウム解説員。海外遠征中は登攀だけでなく、高所での星空観望や天体撮影にも取り組む。都内の社会教育複合施設の分館長に就任、教育や学術及び文化に関する各種事業を担当。
アンバサダー 村山 孝一の記事はこちら

北米大陸 チュガチ山群・マーカス・ベーカー峰(4,016m)遠征 vol.6

2013年5〜6月、北米大陸最高峰デナリ峰遠征に向けて日本を出国。しかし現地に到着してみると、なんと入山できないことが判明…。これも何かの運命と気持ちを切り替え、6,000m峰登山に対応できる装備もあるので、より冒険度の高いマーカス・ベーカー峰(4,016m)に挑戦することに。

アンバサダー企画_m06_2
隊長を含む、計3名のメンバーでC2の偵察に向かいます。クレバスの位置や、落石の危険がありそうな岩壁の情報を、無線で偵察隊に報告します。

アンバサダー企画_m06_1
アンバサダー企画_m03-2
氷河での水平の世界から、雪壁の垂直の世界へ。装備も、ストックからピッケル、スノーシューからアイゼンに変わります。クレバス帯を抜け、心配していた落石に遭うことなく、稜線へ出ることに成功。

アンバサダー企画_m06_3
しかし、順調に標高を上げていた矢先、広大な硬い氷壁に遭遇します。デナリ峰を想定した装備しかないため、アイスクライミングに必要な用具は持参していません。マーカス・ベーカー峰登頂は、断念することとなりました。写真は、隊長が撤退を判断した広大な氷壁。