ambassador_r2_2

南アフリカから始まった自転車旅 vol.2 〜美しきケープタウン〜【アンバサダー ロウ 麻友&エリオット】

都会と大自然が融合した活気溢れる街、ケープタウン。南アフリカ共和国最南端のこの街で、私たちの新たな生活が始まりました。

cover

amb_02_img_00_profile
ロウ 麻友 & エリオット(ロウ まゆ & エリオット)
自転車旅人 + 元デザイナー。2009年ロンドンで出会い、結婚後は南アフリカ共和国へ移住。2015年より南アフリカ〜イギリス〜日本への30000kmを自転車で旅する。現在は未開地の日本を発掘すべく、日本全国を自転車で周りながら、執筆やトークライブを各地で行う。
アンバサダー ロウ 麻友 & エリオットの記事はこちら

南アフリカから始まった自転車旅 vol.2 〜美しきケープタウン〜【アンバサダー ロウ 麻友&エリオット】

都会と大自然が融合した活気溢れる街、ケープタウン。南アフリカ共和国最南端のこの街で、私たちの新たな生活が始まりました。


ambassador_r2_1
アフリカといっても、白人文化が色濃いケープタウン市内のハイストリートには、スタイリッシュなカフェやお店が立ち並び、日々観光客や地元の人で賑わいを見せています。しかし一般的な都市と違うのは、街全体が雄大な山と真っ青な海に囲まれているということ。


ambassador_r2_2
仕事終わりに山や海へ行くことはもちろん、自由にクライミングができるスポットやマウンテンバイクに乗れるオフロードなどが市内からすぐの場所にあり、あらゆるアウトドアシーンを生活の一部として満喫できる街です。


ambassador_r2_3
それは大の山好きの私たちにとって最高の環境でした。平日は朝日や夕日を拝みに仕事の前後に山を登り、週末は金曜日の仕事が終わると同時に車を2~3時間ほど走らせ、キャンプやトレッキングを行うというライフスタイル。南アフリカの大地は日本の約3倍にも関わらず人口は半分以下のため、一歩街から離れると手付かずの大自然が広がっています。


ambassador_r2_4
私たちが週末よく出かけていた西ケープ州のセダルバーグは、世界で唯一ルイボス茶が育つ産地で、気候や地形がとても特殊だと言われるため、今まで見たことのないような植物が自生しています。また、自然が豊かということは生き物も豊かなので、山では様々な野生動物に出くわします。


ambassador_r2_5
ambassador_r2_6
山に流れる小川は限りなく透き通っており、人目も気にせず裸でダイブしたあと、そのまま水をがぶがぶ飲めるようなワイルド感を味わうことができるのです。


ambassador_r2_7
そんな夢に描いたようなケープタウンでの生活を、私たちはたった1年半で終えることに決めました。その理由は、アパルトヘイト(人種隔離政策)の根深い名残からなる、激しい格差にありました。1994年にアパルトヘイトは廃止され、人々は土地を自由に移動することができるようになりましたが、経済的なアパルトヘイトは今でも色濃く残っています。


ambassador_r2_8
街中で見かけるレストランのお客のほとんどが白人、ウエイターやウエイトレスは黒人。高級車に乗っているのは白人で、ベビーシッターやクリーナーは黒人。といった、人種によってくっきりと分かれる生活水準の違いは、住んでいて違和感を感じずにはいられないものでした。


ambassador_r2_9
ケープタウンではっきりと目の当たりにした人種差別や格差社会。こういった深刻な社会課題を見て見ぬふりすれば、最高に理想的な街なのかもしれません。しかし、生活水準が人々の幸せと比例しているかというと決してそうではないということも、この街はしっかりと伝えてくれました。