ambassador_r7_3

北海道の旅 vol.1 〜魚のきもちになるフライフィッシング〜【アンバサダー ロウ 麻友&エリオット】

「釣り」の楽しさを知ったのは、以前ヒッチハイクで訪れた北海道が初めてでした。北海道に在住する友人に連れられ、カヌーで湖や渓流をゆっくり進みながら、手を伸ばしたら届きそうな魚たちに翻弄されたのを今でも覚えています。そしてあれから5年。今度は自転車で戻ってきた北海道で、釣りを体験する機会が再びやってきました。

cover

amb_02_img_00_profile
ロウ 麻友 & エリオット(ロウ まゆ & エリオット)
自転車旅人 + 元デザイナー。2009年ロンドンで出会い、結婚後は南アフリカ共和国へ移住。2015年より南アフリカ〜イギリス〜日本への30000kmを自転車で旅する。現在は未開地の日本を発掘すべく、日本全国を自転車で周りながら、執筆やトークライブを各地で行う。
アンバサダー ロウ 麻友 & エリオットの記事はこちら

北海道の旅 vol.1 ~魚のきもちになるフライフィッシング〜【アンバサダー ロウ 麻友&エリオット】

「釣り」の楽しさを知ったのは、以前ヒッチハイクで訪れた北海道が初めてでした。北海道に在住する友人に連れられ、カヌーで湖や渓流をゆっくり進みながら、手を伸ばしたら届きそうな魚たちに翻弄されたのを今でも覚えています。そしてあれから5年。今度は自転車で戻ってきた北海道で、釣りを体験する機会が再びやってきました。


ambassador_r7_1
東京の知り合いに紹介していただいた富良野に在住するユウダイさんは、フライフィッシングのロッドをオーダーメイドで作る作家さん。素材は竹のみを使用し、全行程手作業で作られる非常に繊細な竹ロッドを一本作るのにかかる製作時間は、なんと200時間だとか。


ambassador_r7_2
子供の頃から釣りが大好きで、釣りが生活の一部となる暮らしをするため、数年前に関東から北海道へ移住したユウダイさん一家。彼の自宅の大きな窓から一望できる大雪山と富良野らしい緩やかな丘陵風景が、彼が意を決して大都会から移り住んだ理由をすでに物語っていました。


ambassador_r7_3
ユウダイさんの作業場にお邪魔し、美しい竹のロッドを手に取らせていただいたものの、フライフィッシングについて何も知らなかった私たちは、彼のロッドがどのようにしなり、魚たちを捕らえるのかただただ想像を膨らますばかり。そんな私たちの好奇心が伝わってしまったのか、「明日、釣り行きますか?」と声をかけてくれたユウダイさんのお誘いに、私たちは迷うことなく「ぜひ!」と二つ返事をしたのでした。


ambassador_r7_4
ユウダイさんと釣り仲間の石井さんが知るフライフィッシングのスポットは、富良野から車で一時間ほど走った砂利道の先にありました。北海道とは言えど、7月下旬の富良野は予想外の猛暑。だけど草の茂みから森林に囲まれた渓流へ下りていくと、街中とはまるで違うひんやりとした空気が流れています。


ambassador_r7_5
まず最初に、私は釣りについて大きな勘違いをしていたことに気が付きました。「釣り」というと、私は魚を忍耐強くひたすら待つものだと思っていたのですが、フライフィッシングはその全く逆だったのです。魚がいそうなポイントに数えられる程度の回数だけロッドを投げ、魚がかからなかったら上流へ向かって川の中をそのまま進み、次のポイントへ移動していきます。


ambassador_r7_6
そして何より私が感激したのが、透き通った冷たい水のなかを、自由にじゃぶじゃぶと歩き回れることでした。普段はトレッキングシューズを履いているので、自ずと靴が水に浸かってしまうことに気を使わなければなりません。ですが、水の中でもグリップの効く防水の靴と速乾防水パンツを履けば、もう無敵。水の冷たささえ気にせず、渓流の中を歩いていけます。


ambassador_r7_7
せせらぎを聴きながら木漏れ日のなかを歩いているだけで十分満足してしまいそうでしたが、今日の目的は「フライフィッシング」です。ユウダイさんと石井さんにロッドの投げ方や投げるスポットなどを教えてもらい、エリオットは人生初の魚釣りに成功!釣れたのは、赤い斑点が可愛い小さなニジマスでした。


ambassador_r7_8
釣りは、魚の気持ちになることが大事だと、ユウダイさんは言います。効率よくエサを捕るために、川のどういう箇所でエサを待っているか。どんな動きのエサに、反応を示すか。季節によって、どこに身を潜めているか。魚を初めて釣った感動はさることながら、魚の視点になって狙いを定め、生命力溢れる彼らに触れることで、魚たちとその彼らが住む自然をより身近に感じられる気がします。


ambassador_r7_9
日本は世界でも有数の消費大国です。近年深刻な問題となっている乱獲などによる水産資源の減少や、自然環境の急激な変化について、私たちひとりひとりが意識すべき時がきていると思います。

フライフィッシングを通じて魚たちの生きる世界に触れ、彼らが生きている喜び、そしてそれを頂くありがたみを強く感じさせてくれた豊かな1日となりました。素晴らしい経験をさせてくださったユウダイさん、石井さん、ありがとうございました!


ambassador_r7_10

今回使ったアイテム

ジャケット:vector W’s hoodie (heather)、帽子:rain ventilation capventilation cap ST +d、シャツ:delta W’s L/S