t04_03_icatch

アドベンチャーレース初挑戦 vol.2【アンバサダー 谷口 京】

7月中旬、白馬で開催されたアドベンチャーレースに初参加してきました。オリエンテーリング能力とマウンテンスキルを駆使し、制限時間内にチェックポイント(CP)を周り、獲得点数を競うレースです。2回にわたり、その様子をお伝えします。

cover

amb_01_img_00_profile
谷口 京(たにぐち・けい)
写真家。1997年 日本大学芸術学部写真学科卒業。宮本敬文氏に師事後、NY市ブルックリンを拠点に独立。仕事の傍ら世界各地を巡り、2004年に帰国。雑誌や広告、カタログなど様々なフィールドで活動中。
アンバサダーの記事はこちら

アドベンチャーレース初挑戦 vol.2

7月中旬、白馬で開催されたアドベンチャーレースに初参加してきました。オリエンテーリング能力とマウンテンスキルを駆使し、制限時間内にチェックポイント(CP)を周り、獲得点数を競うレースです。2回にわたり、その様子をお伝えします。

t04_01

大会2日目は時折雨降る曇り空。初日を乗越え、参加者はみな精悍な顔つき。

t04_02

この日は前日とは反対方面のフィールドを巡ることに。山間部を避け、起伏の少ないルートを確実に周る作戦です。

t04_03

とはいえ、高得点のCPはそれなりに負荷がかかる場所にあり、疲れた脚をなだめながらの苦しいレースに。途中、丘の上から白馬山麓の美しい景色が見渡せました。この広大なフィールドをくまなく調査し、絶妙な場所にCPを配置、安全かつローインパクトな運営を行うスタッフの方々に頭が下がります。

t04_04

2日目の制限時間は初日より1時間短い4時間。同得点の場合、タイムの早いチームの順位が上になることもあり、前日の失敗を教訓に、目標の300点を得た時点でゴールへ向かうことに。終盤は車道を避け、ブナやダケカンバのトレイルへ。瑞々しい森の小径に、足取りが軽くなるのを感じます。

t04_05

無事にフィニッシュ。手首につけたチップを読み取り、レコードを受け取ります。初めてのアドベンチャーレースの結果は、総合48位、男子25位で完走。体力、スピード、読図力、判断力、精神力…山での総合力を試された2日間。自らの能力と立ち位置を客観的に知る機会、かつ最高に楽しい経験となりました。今回の反省を踏まえ、より強く、よりしなやかな体づくりを目指しながら、今後の活動に繋げたいと思います。

今回使ったアイテム

バックパック:SL20 rucsac、レインウェア:beaufort 3L jkt、レインウェア:beaufort 3L pants、ショーツ:spirit shorts