カリマースタッフ愛用ギア紹介 vol.3


新型コロナウイルスの影響により、カリマースタッフも自宅でのテレワークをはじめ、大好きな山行も控えています。アウトドアという遊びの楽しさを伝えることこそが、カリマーのブランドとしての役目!と日々向き合ってきた私たちにとって、とても辛い時期ではあります。
しかし、今は「STAY HOME」。いつもの日常に戻ったときに山に行けばいいと考え、遠くない未来のことを想っています。

今回は、そんなカリマースタッフが今、どんなアイテムを使っているのかご紹介していこうと思います。アウトドアの道具ではありますが、ライフスタイルでも活躍するものばかり。普段の生活をちょっとでも楽しく、便利になるアイデアをお届けします。

第三回は、マーケティング部N(30代、女子)。楽しいお買い物をテーマにお届けします。カギになるのはトートバッグやショルダーバッグなどの肩がけのアイテム。リュックサックなどメインのバッグを持っていることが前提でありながらも、+αとしてのサブバッグ(容量拡張)です。 ウェアはポケットを収納として活用。アウトドアフィールドでの携行性を買い物に置き換えてみると、まるでパッキングを考えながら商品を手に取るような感じ。いつもと違った目線の買い物になりますよ!


pick up item #1 mars tote 30

パッカブルでありながらも、充実した機能が魅力のトートバッグ。トラベルシーンで人気のアイテムで、リュックサックと組み合わせることで急に荷物が増えたときでも安心。海外ではエコバッグが一般的だったりすることもあり、買い物ではダントツで活躍してくれます。









pick up item #2 mars shoulder 10

ちょっとしたお出かけにはやっぱりショルダーバッグ。体から離したくない貴重品とミラーレスカメラなどのガジェットもろもろの持ち運びに使っています。旅行では最近毎回持ち歩いています。500mlペットボトルが入るので、サコッシュではちょっと小さいという方にもオススメ。









最近はキャッシュレス対応のお店も増えたので、カードを利用するケースも多々。もともと小銭を持ち歩くのが好きではなかったこともあり、財布もシンプルなモデルを選んでいます。キャッシュも最小限にして無駄遣いをカット!












pick up item #4 triton light smock

サッと羽織れる防寒着。朝晩など風が強いときはまだまだ肌寒いこともあり、持っていると安心の一着。とにかくフロントのポケットが便利! 小さな220mlペットボトル、スマートフォンとミニ財布くらいならゴワつかずに持ち歩けます。ちなみにメンズモデルをオーバーサイズ気味に着ています。












pick up item #5 rigg shorts

大きなポケットが特徴的なショーツ。せっかくならショーツも「収納」でセレクトしてみました。ペットボトルが入るくらい大きなポケットがサイドにあり、ちょっと両手を使いたい!ようなときのサブバッグ的に使えます。












pick up item #6 sacoche T

これからのシーズンには何かと活躍するTシャツ。アウトドアメーカーならではといえる速乾仕様なのですが、ミニサコッシュが付属しているユニークなアイテムです。貴重品入れとして使ったり、いつも持ち歩くミニアルコールボトルなどの衛生用品を「忘れない」ためにまとめておくのもオススメ。












買い物に行く時は、できるだけ効率よく運びたいもの。レジ袋を使わないためにも、リュックにはお水や牛乳、白ワインなどの重いもの、お菓子やコーヒーなどはトートへという使い方もオススメ。もちろん買い物以外にも旅行でも大活躍するアイテムなので、また旅に行けるときのことを思い浮かべながら使っています。

















おすすめのアイテム

  • mars shoulder 10

    mars shoulder 10

    500825
    ¥3,630(税込)
  • habitat series bifold wallet

    habitat series bifold wallet

    501011
    ¥4,400(税込)
  • triton light smock

    triton light smock

    101030
    ¥16,500(税込)
  • rigg shorts

    rigg shorts

    101027
    ¥10,450(税込)

閲覧履歴