もっと快適に、もっと使える〈trek carry〉特集

もっと快適に、もっと使える〈trek carry〉特集

リュックにプラスすることで、山行が「より快適」「より便利」になるアクセサリー “trek carry”シリーズが登場。
ユーザーのスタイルや用途に合わせて選べる多彩なラインナップをご用意しました。



フロントバッグの新定番〈trek carry front bag

メインコンパートメントとオーガナイズポケットとマップケースがついたフロントポケットで構成されたフロントバッグ。コンパクトでありながら機能性、収納力が抜群。ショルダーハーネスの上下4点でしっかりと固定することで、前傾姿勢やアクティブなシーンでもバッグ本体がしっかりと安定します。


大きな開口部のポケットはクリアタイプを採用。マップホルダーと充実したオーガナイザーで小物をしっかりと収納できます。

ウェビングテープを使ってポーチとしても使える2wayタイプ。小屋やテントなどにリュックを置いてからの行動時に役立ちます。





軽量性と充実した機能を搭載した〈trek carry sacoche

軽量性を損なわないシンプルなデザインでありながらも、さまざまな機能をちりばめたサコッシュ。山行中にリュックと併用することを前提とした設計です。サコッシュの使用が一般的になった今、軽量性だけでなく実用性・利便性を考慮した仕上がりになっています。


開口部は、小物の出し入れが容易なスナップボタンと前折れ式の開口部を採用。伸縮性のあるメッシュポケット、ジップタイプのセキュリティーポケットは小物の整理・確実な携行に役立ちます。

下部に向かって広くなっているサイドパネルは、ベンチなどに置いたときに自立するよう設計。装着時の形状が安定するので、山行時のわずらわしさを軽減します。





行動食専用のスナックポーチ〈trek carry snack pouch〉&フィールド専用財布〈trek carry team purse

ありそうでなかった行動食専用のスナックポーチとフィールド専用財布のチームパースが登場。食料やツールをひとつにまとめておけば、リュックを置いてベストロケーションを探すことができます。


trek carry snack pouch

しっかりととったマチ部分は収納力を高め、テーブルに置いた時にしっかりと自立します。フロントメッシュポケットは食事後のゴミなどをわけて入れることが可能。

trek carry team purse

内ポケット付のフィールド専用財布はグループの共同財布としても活用できる。山頂や下山後の買い物もスマートに。





リュックの機能を拡張してくれる〈trek carry shoulder pouch〉&〈trek carry hip belt pouch

リュックサックにアタッチすることで利便性を高めてくれるアイテム。ショルダーハーネスには〈trek carry shoulder pouch〉、ヒップベルトには〈trek carry hip belt pouch〉をプラスすれば、リュックを背負ったまま小物の出し入れができるポーチが完成。それぞれスマートフォンやボトルのほか、頻繁に出し入れする小物の携行に役立ちます。


trek carry shoulder pouch

携帯電話やコンパクトカメラを瞬時に出し入れできるショルダーポーチ。伸縮性のあるメッシュ素材を採用し、マチをつけているので厚みのあるカメラも収納が可能。一度きりのシャッターチャンスを逃しません。

trek carry hip belt pouch

ヒップベルトとリュックのスペースを有効活用できるヒップベルトポーチ。手に届きやすく、ドローコードを配置しているので荷物の落下も防ぎます。





もっと快適に、もっと使える〈trek carry〉特集

もっと快適に、もっと使える〈trek carry〉特集

リュックにプラスすることで、山行が「より快適」「より便利」になるアクセサリー “trek carry”シリーズが登場。
ユーザーのスタイルや用途に合わせて選べる多彩なラインナップをご用意しました。



フロントバッグの新定番〈trek carry front bag

メインコンパートメントとオーガナイズポケットとマップケースがついたフロントポケットで構成されたフロントバッグ。コンパクトでありながら機能性、収納力が抜群。ショルダーハーネスの上下4点でしっかりと固定することで、前傾姿勢やアクティブなシーンでもバッグ本体がしっかりと安定します。


大きな開口部のポケットはクリアタイプを採用。マップホルダーと充実したオーガナイザーで小物をしっかりと収納できます。

ウェビングテープを使ってポーチとしても使える2wayタイプ。小屋やテントなどにリュックを置いてからの行動時に役立ちます。





軽量性と充実した機能を搭載した〈trek carry sacoche

軽量性を損なわないシンプルなデザインでありながらも、さまざまな機能をちりばめたサコッシュ。山行中にリュックと併用することを前提とした設計です。サコッシュの使用が一般的になった今、軽量性だけでなく実用性・利便性を考慮した仕上がりになっています。


開口部は、小物の出し入れが容易なスナップボタンと前折れ式の開口部を採用。伸縮性のあるメッシュポケット、ジップタイプのセキュリティーポケットは小物の整理・確実な携行に役立ちます。

下部に向かって広くなっているサイドパネルは、ベンチなどに置いたときに自立するよう設計。装着時の形状が安定するので、山行時のわずらわしさを軽減します。





行動食専用のスナックポーチ〈trek carry snack pouch〉&フィールド専用財布〈trek carry team purse

ありそうでなかった行動食専用のスナックポーチとフィールド専用財布のチームパースが登場。食料やツールをひとつにまとめておけば、リュックを置いてベストロケーションを探すことができます。


trek carry snack pouch

しっかりととったマチ部分は収納力を高め、テーブルに置いた時にしっかりと自立します。フロントメッシュポケットは食事後のゴミなどをわけて入れることが可能。

trek carry team purse

内ポケット付のフィールド専用財布はグループの共同財布としても活用できる。山頂や下山後の買い物もスマートに。





リュックの機能を拡張してくれる〈trek carry shoulder pouch〉&〈trek carry hip belt pouch

リュックサックにアタッチすることで利便性を高めてくれるアイテム。ショルダーハーネスには〈trek carry shoulder pouch〉、ヒップベルトには〈trek carry hip belt pouch〉をプラスすれば、リュックを背負ったまま小物の出し入れができるポーチが完成。それぞれスマートフォンやボトルのほか、頻繁に出し入れする小物の携行に役立ちます。


trek carry shoulder pouch

携帯電話やコンパクトカメラを瞬時に出し入れできるショルダーポーチ。伸縮性のあるメッシュ素材を採用し、マチをつけているので厚みのあるカメラも収納が可能。一度きりのシャッターチャンスを逃しません。

trek carry shoulder pouch

ヒップベルトとリュックのスペースを有効活用できるヒップベルトポーチ。手に届きやすく、ドローコードを配置しているので荷物の落下も防ぎます。

おすすめのアイテム

  • trek carry front bag

    trek carry front bag

    500826
    ¥6,050(税込)
  • trek carry sacoche

    trek carry sacoche

    500827
    ¥2,750(税込)
  • trek carry snack pouch

    trek carry snack pouch

    500828
    ¥2,200(税込)
  • trek carry hip belt pouch

    trek carry hip belt pouch

    500829
    ¥2,530(税込)
  • trek carry shoulder pouch

    trek carry shoulder pouch

    500830
    ¥2,200(税込)
  • trek carry team purse

    trek carry team purse

    500831
    ¥1,650(税込)

閲覧履歴