karrimor for Steven Alan MOUNTAIN PARKA

karrimor for Steven Alan MOUNTAIN PARKA

クラシックを求めることでたどり着いたモダン。
普遍性と個性を同時に備え、トレンドでいながらタイムレス。
フォルム、デザイン、ディテール。その全てに徹底的にこだわり、
試作と検証を繰り返し誕生したマウンテンパーカは、
他では見ることのできない特別な仕上がりに。
スティーブン アランとカリマー。
両者のクリエーションの邂逅で生まれた、貴重な一着。

photo : naoto kobayashi
direction & styling : ryota yamada
composition & text : jun namekata
model : mahne (ACTIVA models)

PRODUCT FEATURES

そのマウンテンパーカはいかにして生まれたのか。
スティーブン アラン ブランドディレクターの伊東正彦氏と
カリマーが明かす、プロダクションストーリー。

「イメージしたのは
“四角い”フォルム」

もたつかずすっきりとしたフォルムが特徴の現代のマウンテンパーカに比べて、今回の作品は少し大ぶりでスクエアなフォルムが特徴。90年代的なクラシックスタイルがイメージ。

「スティーブン アランのシーズンテーマが“ナードアイビー”。定番のアイビースタイルをいかにナードに表現できるかを考えた時、すぐに思い浮かんだのがマウンテンパーカでした。しかもあえてアメリカではなく、ヨーロッパのブランドとそれが取り組めたらナードさが増して面白いなと。中でもきちんとプロスペックを持つイギリスのカリマーに着目し、今回のコラボレーションが実現しました。イメージしたのは“四角い”マウンテンパーカ。身幅やアームホールにボリュームをもたせて、90年代的なクラシックさのあるものを作りたかったんです」

ースティーブン アラン ブランドディレクター 伊東正彦

「カリマーが昔からやってきているものづくりを、スティーブン アランの世界観に落とし込むのが今回のミッション。昔のものはパーツが大きかったり、パーツの数が多かったりするのですが、それをいかにうまく落とし込むかにこだわりました。中でもサイジングには徹底的にこだわり、理想に近づけるべく何度も試作。ポケットの位置もミリ単位で調整し、クラシックでいながら今のフィーリングで着られるバランスを追求しています」

ーカリマージャパン

「ドローコードがクラシック。
上品なスラックスを
合わせても良いですね」

最近はあまり見られなくなったウエストのドローコード。今ではローテクとされつつあるそのディテールを強調しているのも、このアイテムの特徴。

「ドローコードって今はあったりなかったりで、ある意味ローテクなディテール。それを強調しているのもポイントです。コードをグッと引っ張った時に生まれるウエストのギャザーがすごくいい。この感じに上品なスラックスを合わせても面白いと思うんです。脇下にはベンチレーション機能も備えていますが、内側にメッシュの生地があるのもカリマーの特徴。そんなちょっとニッチなディテールもいいですね」

ースティーブン アラン ブランドディレクター 伊東正彦

「ウエストのドローコードはファッション的にももちろん面白いと思いますし、冷気をストップする役割も果たすので、機能としても有用です。また防水性はアウトドアの基準をクリアしたフルシーム仕様。脇にベンチレーションを搭載し、衣服内のコンディションの調整もできるようになっています」

ーカリマージャパン

「襟が開いたときの
ニュアンスが重要だった」

フロントジップを開けて着たときに、いかに襟元が美しく開くか。そして着こなしのポイントになるか。高さ、形、デザインに徹底的にこだわった。

「スタンドカラーは一般的なものよりも少し高く、フロントジップを開けてきたときに大きく開く理想的な形を追求しました。もともとこのマウンテンパーカは前開けで着るイメージだったので、そこにはきちんとこだわりたかったんです。襟の内側の生地も重要なポイント。グレーの方は同系色でシックまとめましたが、ベージュの方はあえてちょっと“いなたく”したくて、グリーンのアクセントカラーを採用しています」

ースティーブン アラン ブランドディレクター 伊東正彦

「襟裏にはトリコットの起毛素材を使用。肌あたりが良くて、接触冷感もありません。実は襟ぐりが一番加水分解しやすいところなのですが、生地を切り替えることでそれを防止。耐久面もフォローされています」

ーカリマージャパン

「オールドアウトドアな
1973年のロゴを採用」

アームホールにつけたロゴパッチは、今から約45年前の時代のロゴを採用。そのクラシックなムードを後押しするポイントに。

「クラシックさを求めてデザインをしていくうちに、オールドアウトドアなムードが高まってきた。ならばタグもそれに合わせてアレンジした方が面白いのではと思い、1973年のロゴデザインを選ばせてもらいました。今回のコラボレーションのアイコニックなディテールのひとつだと思います」

ースティーブン アラン ブランドディレクター 伊東正彦

「カリマーにはそれぞれの時代を象徴するロゴがいくつかありますが、それを復刻して採用するのは非常に稀なこと。とても貴重なデザインです」

ーカリマージャパン

「フードも本格的」

収納できるフードは飾り的なものではなく、過酷なアウトドアシーンにおいても耐えうる作り。どのパーツも妥協なし。すべてが本格だ。

「フードはスタンドカラーに収納できるタイプですが、とはいえおまけ的なものにしたくなかった。なので、エクストリームな環境にも耐えられる本格的な仕様にしてもらいました。嘘っぽいディテールを入れてしまうと、途端にムードが損なわれてしまうので」

ースティーブン アラン ブランドディレクター 伊東正彦

「スピンドルで絞ることができるフードは、それにより顔を左右に振った時も追従して動き、視界を確保します。今回のマウンテンパーカは基本的にタウンユース仕様ですが、随所にアルパインウエアに搭載するスペックが組み込まれている。その結果とても贅沢で、貴重なコラボレーションになりました」

ーカリマージャパン

karrimor for Steven Alan MOUNTAIN PARKA

karrimor for Steven Alan MOUNTAIN PARKA

クラシックを求めることでたどり着いたモダン。普遍性と個性を同時に備え、トレンドでいながらタイムレス。フォルム、デザイン、ディテール。その全てに徹底的にこだわり、試作と検証を繰り返し誕生したマウンテンパーカは、他では見ることのできない特別な仕上がりに。スティーブン アランとカリマー。両者のクリエーションの邂逅で生まれた、貴重な一着。

photo : naoto kobayashi
direction & styling : ryota yamada
composition & text : jun namekata
model : mahne (ACTIVA models)

PRODUCT FEATURES

そのマウンテンパーカはいかにして生まれたのか。スティーブン アラン ブランドディレクターの伊東正彦氏とカリマーが明かす、プロダクションストーリー。

「イメージしたのは
“四角い”フォルム」

もたつかずすっきりとしたフォルムが特徴の現代のマウンテンパーカに比べて、今回の作品は少し大ぶりでスクエアなフォルムが特徴。90年代的なクラシックスタイルがイメージ。

「スティーブン アランのシーズンテーマが“ナードアイビー”。定番のアイビースタイルをいかにナードに表現できるかを考えた時、すぐに思い浮かんだのがマウンテンパーカでした。しかもあえてアメリカではなく、ヨーロッパのブランドとそれが取り組めたらナードさが増して面白いなと。中でもきちんとプロスペックを持つイギリスのカリマーに着目し、今回のコラボレーションが実現しました。イメージしたのは“四角い”マウンテンパーカ。身幅やアームホールにボリュームをもたせて、90年代的なクラシックさのあるものを作りたかったんです」

ースティーブン アラン ブランドディレクター 伊東正彦

「カリマーが昔からやってきているものづくりを、スティーブン アランの世界観に落とし込むのが今回のミッション。昔のものはパーツが大きかったり、パーツの数が多かったりするのですが、それをいかにうまく落とし込むかにこだわりました。中でもサイジングには徹底的にこだわり、理想に近づけるべく何度も試作。ポケットの位置もミリ単位で調整し、クラシックでいながら今のフィーリングで着られるバランスを追求しています」

ーカリマージャパン

「ドローコードが
クラシック。
上品なスラックスを
合わせても良いですね」

最近はあまり見られなくなったウエストのドローコード。今ではローテクとされつつあるそのディテールを強調しているのも、このアイテムの特徴。

「ドローコードって今はあったりなかったりで、ある意味ローテクなディテール。それを強調しているのもポイントです。コードをグッと引っ張った時に生まれるウエストのギャザーがすごくいい。この感じに上品なスラックスを合わせても面白いと思うんです。脇下にはベンチレーション機能も備えていますが、内側にメッシュの生地があるのもカリマーの特徴。そんなちょっとニッチなディテールもいいですね」

ースティーブン アラン ブランドディレクター 伊東正彦

「ウエストのドローコードはファッション的にももちろん面白いと思いますし、冷気をストップする役割も果たすので、機能としても有用です。また防水性はアウトドアの基準をクリアしたフルシーム仕様。脇にベンチレーションを搭載し、衣服内のコンディションの調整もできるようになっています」

ーカリマージャパン

「襟が開いたときの
ニュアンスが重要だった」

フロントジップを開けて着たときに、いかに襟元が美しく開くか。そして着こなしのポイントになるか。高さ、形、デザインに徹底的にこだわった。

「スタンドカラーは一般的なものよりも少し高く、フロントジップを開けてきたときに大きく開く理想的な形を追求しました。もともとこのマウンテンパーカは前開けで着るイメージだったので、そこにはきちんとこだわりたかったんです。襟の内側の生地も重要なポイント。グレーの方は同系色でシックまとめましたが、ベージュの方はあえてちょっと“いなたく”したくて、グリーンのアクセントカラーを採用しています」

ースティーブン アラン ブランドディレクター 伊東正彦

「襟裏にはトリコットの起毛素材を使用。肌あたりが良くて、接触冷感もありません。実は襟ぐりが一番加水分解しやすいところなのですが、生地を切り替えることでそれを防止。耐久面もフォローされています」

ーカリマージャパン

「オールドアウトドアな
1973年のロゴを採用」

アームホールにつけたロゴパッチは、今から約45年前の時代のロゴを採用。そのクラシックなムードを後押しするポイントに。

「クラシックさを求めてデザインをしていくうちに、オールドアウトドアなムードが高まってきた。ならばタグもそれに合わせてアレンジした方が面白いのではと思い、1973年のロゴデザインを選ばせてもらいました。今回のコラボレーションのアイコニックなディテールのひとつだと思います」

ースティーブン アラン ブランドディレクター 伊東正彦

「カリマーにはそれぞれの時代を象徴するロゴがいくつかありますが、それを復刻して採用するのは非常に稀なこと。とても貴重なデザインです」

ーカリマージャパン

「フードも本格的」

収納できるフードは飾り的なものではなく、過酷なアウトドアシーンにおいても耐えうる作り。どのパーツも妥協なし。すべてが本格だ。

「フードはスタンドカラーに収納できるタイプですが、とはいえおまけ的なものにしたくなかった。なので、エクストリームな環境にも耐えられる本格的な仕様にしてもらいました。嘘っぽいディテールを入れてしまうと、途端にムードが損なわれてしまうので」

ースティーブン アラン ブランドディレクター 伊東正彦

「スピンドルで絞ることができるフードは、それにより顔を左右に振った時も追従して動き、視界を確保します。今回のマウンテンパーカは基本的にタウンユース仕様ですが、随所にアルパインウエアに搭載するスペックが組み込まれている。その結果とても贅沢で、貴重なコラボレーションになりました」

ーカリマージャパン

閲覧履歴