ultimate project #02

01.
ビッグウォールの聖地・ヨセミテへ

ultimate project第2弾はビッグウォールをテーマに掲げ、クライミングに特化したプロダクトを開発する。世界中のビッグウォールのなかでもその最高峰といえるのがヨセミテだ。製品開発とフィールドテストに携わるクライマー3名はいかにしてヨセミテへと挑んだのだろうか。

日本でやっていた
クライミングが
通用しない場所です(成田)。

実はヨセミテに行くのは初めてだったんです。クラックのクライミングはすごく好きなのですが、機会があれば行きたいと思っていました。実際に行ってみると、聞いていたのとは全く違う。わかっていたことですが、ヨセミテはとにかく壁が大きい。日本でやっていたクライミングが通用しない場所です。

例えば、10aのルートひとつとっても、長くクライミングをつづけなければなりません。そのための持久力と消耗せずに早く登る技術も必要です。さらに、日向と日陰の気温差が日本では考えられないほど大きくなるため、コンディションにも気をつけなければなりません。

毎回自分を成長させてくれる場所
(稲田)。

ヨセミテはとても大好きで、何度も訪れているところです。ロッククライミングの聖地と言われているだけあって、質の高いルートがたくさんあります。毎回、自分を成長させてくれる場所です。

これまでビックウォールだけでなく、スポートのショートルート、ボルダーも登ったことがあります。以前の経験をもとに製品開発を進めていきました。岩はやはり大きく、ルートが長いのでそういう意味での難しさはあると思います。

それは登攀スピードを早くすることと、ランナアウトに耐えることなど、タフなシーンがいくつもあります。日本でトレーニングするなら、通常の2倍やらないとヨセミテでは通用しないという感じですね(稲田)。

既存の製品にはない機能や
実用性、快適性を追求(船山)。

ヨセミテは、クライミングを始めた頃に本で読んだことがある憧れの場所。ビックウォールといっても、ヨーロッパのそれとは違うのでずっと緊張していました。テスト前には国内でトレーニングをして、スピードや効率の向上、ロープワークもビッグウォールを想定した技術を習得をしました。

製品開発は、やはりビックウォールに耐える製品をつくるということ。耐久性も含め、使いやすさ、クライマー目線で何がいいのかを改めて考え直し、既存の製品にはない機能や実用性、快適性を追求していきました。

ultimate project #02

short story

short story

おすすめのアイテム

  • ultimate gear 42

    ultimate gear 42

    501001
    ¥23,650(税込)
  • vapour hoodie

    vapour hoodie

    101001
    ¥21,450(税込)
  • boulder PD L/S

    boulder PD L/S

    101002
    ¥9,790(税込)
  • boulder PD S/S

    boulder PD S/S

    101003
    ¥8,250(税込)
  • hot rock pants

    hot rock pants

    101004
    ¥15,400(税込)
  • wall shorts

    wall shorts

    101005
    ¥11,000(税込)
  • hot rock cap

    hot rock cap

    101068
    ¥5,060(税込)

閲覧履歴