命を守る山の必携品

〜レインウェアインタビュー編〜

見渡す限りの大自然、遮るものが一切ない星空、山頂の絶景、そしてご来光・・日常では体験することができない光景が富士山には詰まっています。写真や動画でその一端を目にすることがあっても、登山未経験の方にとって、山の気象変化や環境についてはイメージがわかない方も多いのではないでしょうか。
富士山では駿河湾や相模湾からの海風と北側からの風が複雑に交わるため天候が急変しやすく、とても不安定となります。

登山口では晴れていたのに、突然雨が降り出したり、強風が吹き荒れることも山ではよくあること。特に富士山は周りに風を遮るものがない独立峰であり、標高が上がり森林限界を越えると(2,500m前後から上で、背の高い木々がなくなった領域を森林限界という)雨風をダイレクトに受ける状況になります。標高が1,000m上がるにつれ気温が6℃下がり、更に風速1mにつき体感温度が1℃下がると言われています。また雨や汗で濡れた状態は非常に危険で、低体温症により身体が動かなくなるリスクがあります。
こういった理由で『雨風』と『保温』への対策は万全なものにする必要があるのです。

登山用品で一番重要なものはレインウェア」と言うほど大切なこの装備について、karrimorの商品開発担当者に話を聞きました。



登山用レインウェアの基準

インタビュアー以下:質問者
商品開発担当以下:開発T/開発K

  • 質問者
  • まず最初に登山用レインウェアとはどういったものなのか簡単に説明していただけますでしょうか?

  • レインウェアの大きな特徴として、『耐水圧』『透湿性』という2つのワードが出てきます。分かりやすく言うと耐水圧は水の侵入を防ぐ力で、透湿性は水蒸気を外に逃がす性能となります。登山に使用するレインウェアにおいては耐水圧が20,000mm、透湿性は20,000g/㎡/24h以上が望ましいとされています。

  • 開発T

ーkarrimor独自の防水透湿素材ー
WTX

お客様の声をカタチに。
蒸れにくい&柔らかいウエア

  • 質問者
  • 今回紹介していただく「WTX LT rain jkt」と「G-TX 3L rain jkt」。この2つの商品はどちらも耐水圧、透湿性でその基準をクリアしていますね。GORE-TEXは聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、WTXはkarrimorオリジナルの防水透湿素材なのですね?

  • そうなんです!必要とされる性能を満たした素材で、特に透湿性が高いため動いても蒸れにくく、行動中にかいた汗を外部へと放出してくれます。

  • 開発K
  • 質問者
  • レインウェアがせっかく外側から雨で濡れるのを防いでいるのに、透湿性がない素材だと汗で中がびしょびしょに濡れてしまいますね・・

  • WTXの高い透湿性はそれをなるべく防いでくれるのです。汗をかいて服が濡れたままだと、標高が上がって気温が下がったときや、風が吹いたときに体温が奪われてとても危険です。登山中は出来るだけ身体をドライに保つ必要があるのです。

  • 開発T

  • 質問者

  • とても柔らかく、ストレッチのある生地も大きな特徴ですね!私はレインウェアの硬い着心地があまり好きではなくて、WTX LT rain jktを初めて触ったときは「ほんとにレインウェアなの?」って驚きました!この着心地なら、普段使いもしたいと思いました。

  • 以前から登山での性能はもちろん、柔らかく普段でも快適なレインウェアを求める声は多く、裏地素材の肌へのあたりや滑りの良さなども拘りました。着心地にも注目していただけたらと思います。

  • 開発K

  • 質問者

  • シルエットは中にインナーダウンやフリースを着ることができて、太過ぎず細過ぎずの大きさなので様々な方に合いそうな感じですね!お値段が抑えられているのも嬉しいところです。

  • アウトドアはもちろん、普段のお出かけにもおすすめです!今回のWTX LT rain jktは特に力を入れている商品だからこそ、多くのお客様に手を取っていただけたら嬉しいです。

  • 開発T

ー3層構造のレインギアー
GORE-TEXシリーズ

耐久性と汎用性を求める
ユーザーに向けて開発

  • 質問者
  • もう一つのG-TX 3L rain jktは WTX LT rain jktと比べるとしっかりとした生地感という印象ですね。

  • しっかりとしていて、安心感がありますね。防風性と耐久性という面ではこちらに軍配が上がります。最近では街で着ている方もよく見るようになりました。その機能性の高さはもちろんですが、GORE-TEXを使った商品がとても人気になっています。

  • 開発T

  • 質問者

  • フロントのファスナーが斜めになっているのが個性的ですが・・これはデザインですか?

  • それもありますが、機能面でもこだわった部分となっています。フロントファスナーは上まで閉めると、顎に当たりますよね?G-TX 3L rain jktは、スライダーの固い部分が顎に干渉するのを防ぐ仕様なんです。さらに胸まで下げて前を開けたときでも、左右のバランスが崩れないようにフラップと角度を調整しました。実際に着用するとわかりやすいと思います。

  • 開発K
  • 質問者
  • この斜めファスナーにそんなこだわりが詰まっていたのですね!

  • 質問者
  • 「レインウェアは大切」と言われる理由がよくわかりました!

  • 山での気候は普段の生活とは違って、急に不安定になるのでしっかりとした知識と装備を持って臨んでいただきたいですし、ちゃんと準備をすれば、そこには本当に素晴らしい絶景が待っています。今年富士登山にチャレンジする方はぜひ楽しんできてください!

  • 開発T
  • 快適なウエアは安全な登山につながります。登山をいいものにするためにもご自身にあった装備を準備してぜひ富士登山を楽しんできてくださいね!

  • 開発K


対象商品ご購入の方に
ノベルティープレゼント!!

期間中、特集ページにてご紹介しました商品をご購入のお客様に、ノベルティーをプレゼントいたします。日本一の頂へ、カリマーと一緒にチャレンジしてみましょう!


富士登山プロジェクトはこちら

おすすめのアイテム

  • G-TX 3L rain pants

    G-TX 3L rain pants

    101502
    ¥30,800(税込)
  • G-TX 3L rain jkt

    G-TX 3L rain jkt

    101500
    ¥51,700(税込)
  • WTX LT rain pants

    WTX LT rain pants

    101530
    ¥22,990(税込)
  • WTX LT rain jkt

    WTX LT rain jkt

    101520
    ¥31,900(税込)
  • [富士登山プロジェクト]リュックサックインタビュー編

    [富士登山プロジェクト]リュックサックインタビュー編

    FEATURE_128
    ¥0(税込)
  • [特別企画]富士登山プロジェクト

    [特別企画]富士登山プロジェクト

    FEATURE_127
    ¥0(税込)

閲覧履歴